トップページ|古民家活用の手順
古民家を全般的又は、長期に活用をお考えの場合等においては、建築基準法に適用した再生及び伝統構法を活かした再築により、地震対策を含んだ活用をおすすめしています。
古民家鑑定 古民家鑑定調査については必ずしも行う必要はないが、建物状態の把握のため調査は必須 耐震判定 伝統構法住宅簡易耐震診断 建築基準法を適用 伝統構法と在来工法の混構造の場合、建築基準法をクリアさせるための耐震改修は在来工法に沿わす形となる。純然たる伝統構法の場合1.0以下の耐震強度でもその構造上の考え方により安全性は確保できると考えられるが、現在その安全性の検証は難しく、1.0を目指すべきである。

PAGE TOP